ホーム サービス内容

サービス内容

基本保守契約(年間契約)

【サービス内容・年間契約に含む】
ストリングチェック
年一回、事業主様の機器に目視で発見できないトラブルがないか、専用機器を使って点検します。時期等のスケジュールはお任せいただいております。

それ以外に、台風等の大きな悪天候後の目視点検(※)、不審時はサーモカメラでのチェック。
また、突発的な事故、当該地や隣地問題等が大きくなるのを防ぐため、事業主様依頼の任意駆けつけ(年一回まで無償、2回目以降は実費応談)を承っております。

状況ご報告の上、草刈り、除草剤、洗浄等のご案内をさせていただいております。

※宮城県近郊に限らせていただきます。移動不可能な緊急事態宣言や国の指定する大規模災害時は状況に応じてご容赦いただいております
サーモカメラでホットスポット確認。発電していない上、放置すると危険な状態です。
台風後のパネル外れ

草刈り工事(オプション)

【サービス内容】
草刈り工事
除草剤を撒布出来ない(農耕地付近)場所の場合、定期的な草刈りが必要となります。事業主様ご自身で出来ない場合、お申し付けください。
草が生えたまま放置すると、発電量の低下がめざましいだけでなく、確実にパネルの汚れを誘発します。
草木からの油分が付着したパネルを多く見かけますが、非常に効率が落ちてしまい、こうなると雨では落ちず、洗浄するしか方法がありません。

さらに蔓草類の配線への悪影響、機器への侵入によるショート発生からの火災も報告されています。

基本刈り倒し、敷地内で処分です。
除草剤を使えない場所は、春秋で年2回ほど必要になります。
草木の油分です。雨では落ちない状態です。
非常に発電落ちてしまっております。汚れもひどいです。
ツルが配線を引っ張っています。隣は配線が切れておりました。
数年放置してしまった状態です

除草剤工事(オプション)

【サービス内容】
除草剤撒布工事
※春の撒布(3~5月)は保守点検契約の事業主様、作業賃分サービス。
※秋は9~11月の撒布になります。
※水の多い歩くのもままならない水田のような土地は除草剤の効きが非常に悪いです。水はけを良くする暗渠工事なども検討されると良いと思います。この様な発電所様は、コストアップはしてしまいますが、年1の草刈りを併用される事をお勧めしています。

ほとんどの事業主様にご注文いただいており、年二回の撒布で草刈りの心配はほぼ皆無です。近隣の皆様からも、きれいにしてくれてると害獣などが入り込まないので安心ですと声をかけられることも多いです。

放置した物件にハクビシンや狸が入り込むからきれいにしてくれ、等の近隣からの苦情でトラブルになることもあります。

専用粒剤を撒布機器でまきますので、非常に効きも良いです。

数年放置してしまった物件は、草刈りが不要になるまで1年以上かかることもありますので、早めの施工が望まれます。

完成時から施工するのが結果として一番費用対効果が高いです。
除草剤施工済・隣地からのツルの侵入がある程度です
高圧には特に管理が必要です。完成時から数年でもこのクオリティです。
近隣の苦情も皆無です。もし皆様の御自宅のそばが放置された草だらけの土地になったら気持ちは良くないはずです。キレイにしているとゴミの投げ入れ等のイタズラも少ないです。

パネル洗浄(オプション)

【サービス内容】
パネルの洗浄
年1度の洗浄で、平均8%以上の発電効率のアップが報告されています。
高圧発電所で承る事がほとんどです。
低圧の場合は費用対効果も考えますと、毎年ではなく数年に一回の施工をお勧めしています。特に草木の油分で汚れている場合、パネルを傷めないうちに施工すると良いでしょう。私どもでは、巡回や他の工事で見回った際に状況をお知らせして、施工を相談しています。

高圧洗浄機での洗浄はパネルに悪影響がありますので絶対に避けてください。枠部分からの浸水等が報告されています。
低圧噴霧器や高圧でもソーラーパネル専用のアタッチメントで洗浄します。

また、時期も黄砂のある時期を避け、梅雨時期の施工が最も効果が高いです。この時期はご注文が混み合いますので、まずは早めにご相談をいただけると助かります。
ここまで汚れてしまうと発電は見込めません
お問い合わせ